Googleさんに好かれるhttps://~のURLを無料で、一瞬で変更する方法<ロリポップ>

19/06/16https, SSL, WordPress, レンタルサーバー, ロリポップ

Google SEO対策 アフィリエイト
Google SEO対策 アフィリエイト
Google SEO対策 アフィリエイト

2018年夏頃からGoogle Chromeなどの主要なブラウザで、 https:// でないURLは、『保護されていないURLです』と、危険なアナウンスが表示されるようになりました。
このアップデートがあってからは、どこのサイトもこぞって暗号化URLに変更していきました。

まぁ、今までより安心してネットが使えるようになるので仕方が無い。

しかし、http://のURLから、https://のURLに変更するには、自分でhttps://に変更しただけでは、どうにもならなくて……。
個人で暗号化するには、契約したり料金がかかったりなど、わりとハードルが高いものだと思っていたので、放置していました。

久しぶりにログインしたら良いニュースが見えた

しばらくプライベートなサイト作りから離れていたのですが、ものすごく久しぶりに、私が使っているレンタルサーバー「ロリポップ」にログインしてみました。

そこで見えたのが、なかなか嬉しいお知らせでした。

ロリポップの無料独自SSL
管理画面にログインすると、これが一番目立ちます。

「無料独自SSLを設定する」をクリックし、設定するドメインを選んでポチポチクリックしていくだけで、自分のサイトの暗号化が出来ました。

その後は、WordPressの設定で自分のサイトのURLを https://ドメイン~
に書き換えて、ファイルを更新するのをお忘れ無く。

スポンサー

瞬間簡単設定

ドメイン(またはサブドメイン)にチェックを入れて、右側の【独自SSL(無料)を設定する】ボタンをクリック。

クリックするとボタンの色が変わり、【SSL設定作業中】のアナウンスが表示されます。

しばらく待っていれば、完了します。

WordPressの設定も忘れずに

WordPress→設定→一般設定
WordPress→設定→一般設定

サブドメインを作るたびに、このお知らせは出るので、うっかり忘れてしまっても大丈夫ですね。

いろんな準備が難しそうで二の足を踏んでいませんか?

多少のWEB知識はある。
アフィリエイトやりたくて、準備だけしたけど
知っているが故に、二の足を踏んでしまっている
そして、サイトを立ち上げる作業が進んで居ない方には朗報だと思います。

ロリポップなら、ポチポチとクリックするだけで、無料でURLのhttps://化が完了します。

スポンサー

最後に

URLの、https://化が終了したら、.htaccsessで転送する処理を忘れずに、しておきましょう。

今後、これも記事にする予定ではあります。
しばらくお待ち下さい。

広告