入院準備<腹腔鏡下胆嚢摘出術>絶対必要なもの

19/07/01ショッピング, 入院, 胆石

入院・医療費

オカンです。コンニチハ!
入院5日目です!
死んだかもしれない全身麻酔(初体験のための言葉の綾)から、日に日に元気になる自分が怖いです。

早くも担当の外科の先生から、希望日に退院OKとお墨付きをいただきました。
別段早くもなく、何もなければ普通にこれくらいのスケジュールだそうです。

迎えに来てもらう家族の関係から、退院は明日にしました。しかし、日に日に元気になっているのが自分でも解ります。

おなかの石ころを胆嚢ごと取り出して3日が経過しました。
入院初日から数えて5日目です。

暇で暇でしかたありません。

ですので、入院前に準備したものをまとめてみようと思います。

病院から指示があって準備したもの

  • 寝衣(いわゆるパジャマ)
  • ティージーパンツ
  • タオル3~4枚
  • バスタオル2枚
  • 着替え用の下着
  • ティッシュ1箱
  • 歯ブラシ
  • はし、コップ、内服薬(あれば)

オカンは全身麻酔での腹腔鏡下胆嚢摘出術を受ける予定で、手術後からHCUに入ります。
HCUに持参するものをまとめて一つの袋に入れてHCU専用バッグを作ってください。とのことでした。

HCU専用バッグは、全身麻酔中に病室からHCUへ看護師さんの手によって移動させられるようです。 くまなく確認されます。

では、1つずつみていきましょう

スポンサー

寝衣(いわゆるパジャマ)

オカンは腹腔鏡での胆嚢摘出術を受けるので、前開きの普通のパジャマを指定されましたので、慌ててネットで買いました。

5日予定の入院中、手術の際に1着必要とのことで、入院中毎日前開きのパジャマが必要ではありませんでした、残りの日はTシャツで良いそうです。

私の腹腔鏡下胆嚢摘出術で、このパジャマの出番は
入院3日目、手術翌日の大部屋に戻る際に着替え、3日目はこれで過ごします。
【病室(大部屋)】→【手術】→【HCUへ移動】→★ここでパジャマに着替える★→【病室(大部屋)】

手術翌日は、病院支給の前の開く着物を着てHCUで過ごしますが、その翌朝、自分の病室に戻る際に、持参したパジャマに着替えます。
病室に帰ってからは、何度か様子を見に来られる看護師さんや医師に、いやおうなしに前を開けられますw

私は特に着心地とかにこだわるタイプでもないし、この入院が終わったら、たぶんもう着ることもないので、お安いパジャマを探しました。実際、楽天セール中に2,000円で買ったパジャマを持参しました。

ガサガサでゴワゴワだった(笑)お値段なりですw
しかし、しんどいし動きたくないしで、ほぼ寝ている3日目に着た感想としては、このパジャマは質なんてどうでも良いと思いました。採血や点滴も引き続きありますので、あまり上質ではなく洗いやすいものや、万一血液が付着しても捨てても良いくらいのもので充分だと思います。

「腹腔鏡下胆嚢摘出術」で使う前開きパジャマに重要な点まとめ
1.寝転んだまま腹腔鏡を入れた傷口を確認できるため。
2.HCUから大部屋(病室)に移る際に、看護師さんが着替えさせやすいため
などの、理由から前開きのパジャマが必要なんだと思います。

おへそから胆石を取り出すので、おへその傷が一番大きいのですが、ガーゼや絆創膏がはってあり、パジャマくらいの緩いゴムなら痛くなかったので、普通の前開きパジャマで充分でした。

万一ネット通販で入院当日に間に合わなくても、手術当日に家族に持ってきてもらえるなどの条件がそろえば、なんとかなるようです。
間に合わなければ、たぶんそれなりのパジャマを貸してくれます(たぶん有料)

手術内容で、必要なパジャマが違いますので注意が必要です。
開腹される方は、着物タイプやネグリジェタイプなど細かな指示があるようです。

ティージーパンツ

使い捨ての医療用パンツです。イラストを見れば解ると思いますが、おむつみたいなものです。
25年ほど前、娘を出産したときのT字帯を思い出しましたが、今は「ティージーパンツ」としておしゃれになっているようです。

このティージーパンツは、全身麻酔をかけられた後、意識のない間にはかされ、HCUで安静に過ごす間、丸一日履いていました。

入院初日に、すぐさま看護師さんに回収されました。
次にこのティージーパンツと出会うのは手術室ですが、全身麻酔で全く覚えていません。

覚えてる範囲だと、HCUで意識がハッキリしてきて「あぁたぶん履いているんだろうなぁ~」と思ったくらいです。
腹腔鏡とはいえ、筋肉を切ってる分痛いし、痛み止めヒーバー状態で、たぶんよくわかってない。

HCUではずっと寝ている状態ですし、看護師さんは慣れたもんだし、おむつぽくたって気にする必要はありません。

手術翌日(入院3日目)の朝、ほぼ1日はいていたティージーパンツさんとは、さようならしました。使い捨てですので。
看護師さんがサッと回収してくれます。プロです。

ネットで注文していたのですが、ぎりぎりに注文してしまったせいか、到着が間に合わず、持参せず病院の売店で購入しました。ちょうど楽天セールの時期でしたので、ついついいつもの癖でネットで注文してしまい。入院日に間に合わないという惨事を起こしたティージーパンツです。

前もって聞いていたものの「持ってなければ要らないよ~」という腹帯が入院当日に必要と言われ、こちらも院内の売店でそろえました。
2,000円ほどの現金出費です。
安くもないしポイントもつかないし、もったいないですね。

家族に持ってきてって言うにも、ちょっと恥ずかしいアイテムですしね。
余ってしまいました……。どうしましょう……。
見つからないように梱包をほどいて、タンスの奥深くにしまっておきましょうかね。
もしかして、娘の出産で必要になることもあるかもしれませんし。(予定は未定)

スポンサー

タオル3~4枚、バスタオル2枚

何に使うのか不明でしたが、自宅にあった比較的新しめのものを選んで持って行きました。
この場合のタオルは新品をそのまま持って行ってはいけません。
一度水を通した(洗濯して乾かした)吸水力の高いタオルを準備しましょう。

HCUバッグから看護師さんに勝手に出されて、HCUの自分のベッド横に並べられていました。

景品のタオルや使い古しのタオルを他人に預けることが恥ずかしければ、あらかじめ新しいのを準備して洗濯しておきましょう。

捨てても良いくらい、使い古したものを準備し、意識のないうちになくなっても大丈夫という考え方もあります。

タオル4枚、バスタオル2枚を指示通りHCU専用バッグに入れていたのですが、ふたを開けると、タオル2枚しかHCUでは使用しませんでした。

HCUで寝たきり状態の時に唯一できる「うがい」に添えられただけです。

麻酔や痛み止めで吐き気を催すひともいるので、タオルがたくさん必要なのは、それを見越してのことではないかと、勝手に予想しています。

着替え用の下着

HCUから大部屋に移動する前に前開きのパジャマに着替えますが、このときにHCUバッグに入れた下着(パンツ)をはきます。

着替えるときには、まだ傷口が痛いし自由に体が動きません。
看護師さんが、はきやすいように足下に広げてくれますので、新品をおすすめします。

入院中で着れば毎日は着替えたいパンツです。
HCUから移動する際にガッツリ看護師さんに見られますが、病室へ帰ってからも、なんどもおなかをめくられて傷口を確認されるので、できれば使い古したゆるゆるゴムパンツを他人に見せてしまうよりも、新品を用意した方が素敵化と思います。
スポーツタイプもエロさがなくて、おすすめではありますが、ゴム力が強いものが多いので今回は避けました。おへそに穴を開ける腹腔鏡手術ですので、ゴムの力が弱いものがおすすめです。

スポンサー

ティッシュ1箱

吐き気を催したり、鼻水をかんだりに使われます。
HCUで、数枚は使ったと思います。かなり残りますので、この後の入院生活にそのまま使い続けました。
それでも、半分以上残ったので、おうちに帰っても使うと思います。

歯ブラシ

入院用に新品を用意、普段使っている歯磨き粉と一緒にジップロック袋に入れて持参しました。
HCU専用バッグに入れておくとのことでしたが、HCUで使うことはありませんでした。

きっと、術後なんらかの数値が芳しくなく数日HCUへ居なければならない場合、歯磨きをするんだと、勝手に予想しています。

スポンサー

はし、コップ、内服薬(あれば)

はしは、割り箸をジップロック袋に3膳ほど入れてHCU専用バッグに入れておきましたが、HCUでは使うことはありませんでした。

コップは、HCU専用バッグを病棟の看護師さんにチェックされた際、「どうせ、使わないから出しておきましょうね~」と撤去されました。

内服薬は、なしでした。

口頭での説明を伴って必要に応じて私が準備したものです。
お気づきとはおもいますが……

言われたものだけ準備してみたけど、少なくね?

です。

考えたら最低でも5日入院するのに、上記の物品だけで足りる気がしません。
毎日同じパジャマを着続けるのも嫌だし、清潔であるべき病室のベッドが不潔になるんじゃないかと、少し心配です。

自宅でゆっくり、病院でいただいた書類を念入りに見ると、その他着替えや下着、タオルや診察券など、要は好きに(自分で考えて)準備してくださいということのようです。

オカンがHCU用バッグ以外に持って行った荷物については、また、別の記事にしたいと思います。

ここで掲載したのは、腹腔鏡下胆嚢摘出術でのみ必要な準備物です。
病院や症状によっても、必要なものが異なると思いますので、自分は何が必要か良く確認して準備しましょうね。

広告